給料

【タクシー運転手の給料 5ヵ月目】総営収55万円では、こんなものですね

2020年7月26日

 

 

こんにちは、タクオです。

 

明日は嬉しい給料日♪

さまざまな支払いや借入れの返済があるので、給料の大半がすぐに消えていってしまうのですが(涙)、1ヵ月間を振り返る意味でも大切な日です。

 

7月度も営収が頭打ちの日が多かったので、給料も大きく上がっていることはないと思うのですが…

ひとまず確認してみることにしましょう。

 

 

まずは7月度の総営収から

給与明細を確認する前に、まずは7月度(6月19日から7月18日まで)の営収を確認してみましょう。

 

① 6月19日(金)
 53,220円(48,330円)

② 6月22日(月)
 53,780円(48,890円)

③ 6月24日(水)
 45,490円(41,350円)

④ 6月26日(金)
 57,940円(52,670円)

⑤ 6月29日(月) 
 33,430円(30,390円)

⑥ 7月1日(水)
 47,210円(42,920円)

⑦ 7月3日(金)
 59,230円(54,210円)

⑧ 7月6日(月)
 45,440円(41,310円)

⑨ 7月8日(水)
 51,950円(47,230円)

⑩ 7月10日(金)
 50,580円(45,980円)

⑪ 7月15日(水)
 56,480円(51,350円)

⑫ 7月17日(金)
 54,400円(49,450円)

------------------------------

合計 609,150円(554,080円)
※ ( )は税抜

 

先月よりは上がりましたが、税抜55.4万円は満足できる数字とは言えないですよね(苦笑)

「コロナさえ無ければ…」と言ってみたところで何も変わらないですし、コロナの影響など関係なく、そもそもの「仕事のしかた」自体が出来上がっていないだけかもしれませんからね。

今後も経験値や街の情報を積み重ねていこうと思います。

 

 

給与明細の確認

総支給額 355,596円
--------------------
健康保険料 ▲15,840円
介護保険料 ▲2,768円
厚生年金保険料 ▲29,280円
雇用保険料 ▲1,066円
所得税 ▲9,420円
高速代 ▲4,870円

--------------------
差引支給額 292,352円

 

今月の営収も、僕の計算と明細の数字にわずかばかりの差がありました。

明細のほうが多いから別にいいんだけど、なんでだろう?

 

明細上の税抜営収は 554,700円。

ですので、

554,700円 × 60.5% = 335,593円

が7月度の “純粋な” 給料ということになります。

 

総支給額が2万円ほど多いのは、7月13・14日の2日間無線グループの研修へ参加したため。

出番は12回フルにこなしたので、2日分の研修費2万円は「小ボーナス」といった感じでしょうか。

 

今月度は、これから「恐怖のお盆」が待ち構えています。

なので、先月度の営収を超えるためには、お盆前までに売上を稼いでおかなきゃいけなさそうですね。

しばらくは気の抜けない日々が続きそうです(汗)

 

 

 

 

タクオ 公式LINE

 

●ブログでは書けないタクシードライバーのリアルをお伝えします

●経営に失敗した社長が再び立ち上がるための情報も配信中

 

 

今日は何位?
タクオのランキングを確認する
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-給料
-

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記