転職活動

【転職活動1日目】タクシー転職サイトから候補を絞り込む!

2020年2月8日

 

転職活動開始

はじめまして、タクオです。

 

僕は小さな会社をやっていました。

(いま現在も会社はあるので、正確には「やっています」ということになるのでしょうか?)

 

以前はインターネット上で物販を行っていましたが、昨年新しく初めた実店舗の運営に失敗し、会社のバランスを完全に失ってしまいました。

その後も会社の売上を戻そうと、いろいろ足掻いて8ヵ月経ちましたが…

良い兆候が見えてこないので、しばらくタクシーに乗りながら自分の仕事を続けることにした、というわけです。

 

再就職するにしても、特別な「スキル」や「知識」を持っていなし、40代半ばの僕にとって年齢的にも選択肢は限られてしまいます。

「タクシー運転手をやろう」と考えたのにはそんなネガティブな理由もありましたが、それとは別にタクシー運転手にしかない「魅力」があったのです。

 

「隔日勤務」が主流のタクシーの仕事だと、他の仕事に比べて「自分の時間」が確保しやすい

ですので、「再起」を図るための環境を作りやすいんですよね。

これが僕がタクシー運転手を選んだいちばんの理由です。

 

例えばトラック運転手だと、朝7時に出社して20時まで荷物を運び、帰庫して退社するのは21時すぎ、とかザラにあります。

それでも週休2日の会社なら「自分の仕事」もできなくもないんでしょうけど、そもそも週休2日の「ブルーカラーワーク」はほとんど存在しません。

さらに、毎日の食事や睡眠にも時間を割かれることを考えると、「労働+ビジネス」を行うことは非常に厳しいと言えます。

(20代の頃にトラックに乗っていた僕の経験からも、「トラック+ビジネス」は現実的にほぼ不可能だと思います。)

 

それに対して、隔日勤務のタクシーであれば、月の出勤日数は12~13日なので、それ以外は全部「自分の時間」になりますからね。

同じ運転を行う仕事でも、これは天と地ほどの違いと言ってもいいでしょう。

 

それに、自分の努力や工夫次第で給料を増やせる タクシーの仕事は、僕の性(しょう)に合っているんですよね。

やればやっただけダイレクトに成果に結びつく。

こういうわかりやすいのが良いですね!

 

次のページへ >

-転職活動
-, , , , , ,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記