【転職活動7日目】『タクQ』の対応が親切すぎる!

 

こんにちは、タクオです。  

 

昨日はS社から「条件付きの合格」をいただいたのですが、僕としてはその条件が気になったので、第2志望のY社の面接を受けることにしました。

S社に提示された入社条件は、こちらの記事をご覧ください。  

 

【転職活動6日目】採用決定!? タクシー会社から電話がありました

 

昨日の取締役との電話が終わった後、すぐにY社に電話をしたのですが、繋がらなかったので日を改めて今日電話をしてみました。    

 

 

今日も電話が繋がらない(笑)

午前10時くらいに昨日と同じY社の採用専用の電話番号に電話をするも、今日も留守電になってしまいます(苦笑)

どうにも埒が明かないので、求人サイトの応募フォームからY社へアプローチすることにしました。

 

僕は「タクシー会社に勤めよう」と決めてから主に『転職道.COM』を見て候補を絞っていましたが、この日はなぜか「他の求人サイトも見てみよう」と思い、まずはタクシー求人サイトを探してみることに。

いつもはスマホで求人サイトを見てますが、今回は応募フォームへの入力がしやすいパソコンでチェックしてみることにしました。

Googleに「タクシー 求人サイト」と入力して検索してみると、

 

 

  1ページ目の真ん中くらいに『タクQ』というサイトがありました。

『タクQ』はこれまでちゃんとチェックしていなかったので、「もしかしたら『転職道』と違う案件が載っているかも」と思い、まずはこちらを見てみることに。

 

『転職道.com』と同じように『タクQ』も勤務地の市区町村を指定して検索できるので、僕が住んでいる区の名前を入力して検索すると、

 

 

『タクQ』にもY社の求人が載っていました。

そして、よくよく見てみると、タクQより10万円 + 企業より入社祝い金」との文字が。

どうやら『タクQ』から応募して入社が決まると、会社から貰える祝い金とは別に『タクQ』からも祝い金がもらえるようですね!

そうとわかったらすぐに応募フォームへの入力を進めます(笑)

(※2020年2月18日 追記1
金額の詳細はわかりませんが、『転職道.com』から応募して入社が決まった場合も『転職道.com』から転職支援金がもらえるそうです。)

(※2021年4月1日 追記2
厚生労働省からの通達により、2021年4月1日から職業紹介事業者から求職者へ金銭等の提供が禁止され、現在は 求人サイトからの「転職支援金」や「入社祝い金」の支給はありません。)

 

 

こんな感じで、『タクQ』の応募フォームは名前、電話番号、メールアドレスの3つの項目を入力するだけでOKです。

すべてを入力して、いちばん下の「次の画面に進む」をクリックすると、

 

 

Y社の応募要項が改めて表示されます。

その下に名前、電話番号、メールアドレスが再び表示されるので、間違いがないかを確認して、いちばん下の「利用規約に同意した上で以上に内容で応募する」をクリック。  

 

これで応募フォームからの応募は終了です。

入力項目が少ないので、1分もかからずに終わりました。

 

 

5分後にシラ電から着信が

応募ボタンを押してリラックスしていると、5分後にシラ電(知らない電話番号)から着信がありました。

番号を見てみると、「0120」から始まるフリーダイヤルの番号から。

フリーダイヤルからの着信は何かしらの営業電話のことが多いので、ちょっと躊躇(ためら)いましたが、かかってきた電話にはほぼすべて出ることにしているので、緑の受話器マークをタップしました。  

 

タクQのイザワさん
もしもし、突然のお電話失礼します。 タクQのイザワと申します。

 

なんと!
応募を済ませて5分ほどしか経っていないのに、早速『タクQ』からの電話でした!

 

電話をかけてきてくれたのはイザワさんという男性の方。

声の感じから、40代後半から50代くらいと思われます。 

 

タクQのイザワさん
この度は弊社のサイトからご応募いただき、ありがとうございます。

タクオさんのご希望はY社でお間違いないですか?

 

イザワさんの丁寧で落ち着いた語り口からは、親切そうな人柄が伝わってきました。

 

イザワさんによると、タクシー会社への申込みや日程調整はすべて『タクQ』がやってくれて、面接の日時が決まったらまた電話をいただけるとのこと。

Y社に直接電話しても繋がらなかったので、これで少しは安心できます。

 

その後もイザワさんは、Y社はどんな会社なのかや、都内のタクシー事情について詳しく教えてくれました。

 

23区であれば普通にやっていれば営収5万円/日は普通に稼げること、

イヤなお客さんに当たることのほうが珍しいこと、

いちばん稼げる時間帯はやはり22時以降であること。

 

それに加えて、僕がいちばん気になっている入社祝い金についても教えてくれました。

『タクQ』からの祝い金10万円はタクシー会社に入社し乗務開始した時点で3万円、1ヵ月(← うろ覚え)勤務したら残りの7万円を支給し、仮にその後すぐに辞めても返還義務はないということで、とても安心しましたね。

 

イザワさんと話す前から「何事もやってみなければわからない」と考えていたので、仕事に関する細かい質問などはしませんでしたが、イザワさんのおかげでタクシー運転手という仕事のより具体的なイメージができるようになったのは間違いありません。

本当にありがたかったです。    

 

 

それから間もなく2度目の電話が!

『タクQ』のイザワさんとは10分ほどお話しして通話終了。

あとはY社との面接が決まるのを待つばかりとなりました。

 

ところが、この電話の15分後、再び『タクQ』から着信がありました。

「何か伝え忘れたことでもあったのかな?」と何の気無しに電話に出てみると、イザワさんは、

 

タクQのイザワさん
Y社との面接の日程が決まりました。

来週火曜日の13時30分で大丈夫でしょうか?

 

なんとなんと!

僕が2日に渡り電話しても決まらなかった(というより繋がらなかった 笑)というのに、『タクQ』を通じて応募したおよそ1時間後には面接の日程も決まってしまったのです!

『タクQ』さん、本当に頼りになります!

 

こうなると「僕がかけていた番号が間違っていたのかな?」とも思ってしまいますが(笑)、ひとまずは前に進むことができたので結果オーライ。

 

こうして『タクQ』さんのスピーディーな対応のおかげで、2社目となるY社との面接が決まった転職活動7日目でした。

火曜までは3日あるので、その間にS社とY社をできる範囲で比較・検討しておきます。

 

僕の頭の中では、入社祝い金の受給に制限がないようであればY社に決めようと思っていますが、S社のユルい社風も捨てがたいですからね(笑)      

 

 

 

 

タクオ 公式LINE

 

●ブログでは書けないタクシードライバーのリアルをお伝えします

●タクドラ転職希望の方の疑問・不安を解決! 1対1でやりとり可能!

●タクオのオリジナル営業ノウハウを配布(するかも?)

●現役ドライバーの方の情報交換にも活用されています

●副業やスモールビジネスに関する情報を不定期配信

●経営に失敗した社長が再び立ち上がるための情報も配信中

●登録すると基本的にラッキーなことしか起きないようになっています