転職活動

【転職活動5日目】S社の本社へ面接に行ってきました

2020年2月14日

 

こんにちは、タクオです。

 

一昨日、区の産業会館で面接した「第1志望」のS社。

水曜面接 → 木曜電話 → 金曜(今日)2次面接 と、スピーディー + 順調に進んでいます。

 

というわけで、今日はS社の本社(歩いて3分ほど)まで行ってきました。

一昨日はまあまあ感触が良かったので、今日も無事に乗り切れるといいんですが、果たして結果は如何に!?

 

 

静まり返った事務所

約束の13時を20分後に控え、セーターとジーンズという「作業着」からスーツに着替えます。

1次面接で提出した履歴書を面接官がコピーしていたので、今日は事前に用意するものはなし。

一昨日よりは余裕を持った状態で準備することができました。

 

天気も良かったので、清々しさと初々しさが入り混じったような曇りのない気持ちで自宅を出発。

「大丈夫、採用してもらえるでしょ」

そんなことを考えながら、たった3分の道程を歩いていきます。  

 

一昨日の1次面接のときもそうでしたが、この年齢になると緊張というものと縁遠くなります。

3分経ってS社に到着すると、営業で一般の企業におじゃまするときのように何の抵抗もなく事務所に入室できました。

 

タクオ
こんにちは、本日この後面接のお約束をいただいていますタクオと申します

 

入口の直ぐ側に座ってパソコンに向かっていた60歳くらいの女性に声をかけると、 「じゃあ2階の会議室にご案内しますね」 と、慣れた感じで僕を通してくれました。

タクシー業界は出入りの多い業界のようなので、面接に来る人も一年中いるのでしょう。

 

事務所にいたのは、僕を案内してくれた女性と、配車担当と思われる60代の男性の2人のみ。

運転手さんはみんな街に稼ぎに出ている時間なので、タクシー会社にすれば昼の事務所が静かなのは当然なんでしょうね。

 

静まり返った事務所の中を突き進み、奥の階段を昇って2階の会議室へ。

築40年は経っているであろう社屋はどこか懐かしい感じがして、これから面接があるということを忘れるくらい緊張感が湧いてきません。

(僕の神経が図太いだけかもしれませんが 笑)    

 

次のページへ >

-転職活動
-, ,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記