日常の乗務

ウーバーイーツの配達員は交通マナーが悪い!?【乗務19日目】

 

 

こんにちは、タクオです。

 

都内ではここ数ヵ月で『Uber Eats(ウーバーイーツ)』の配達員が急増しました。

「外出自粛」や「感染予防」の点から利用者が増えたこと、それに加えて、「営業自粛」を余儀なくされた飲食店の収入源として重用されるようになったことも大きな要因でしょうか。

また、「配達パートナー」と呼ばれる配達員の方々にとっても、『ウーバーイーツ』の仕事で休業となった「本業」の減収分を賄えるので、助かっている方も多いのかもしれません。

 

そんな今話題の『ウーバーイーツ』ですが、我々タクシードライバーからすると 危なくて仕方がありません

タクシーに限らずバスやトラックなど毎日クルマを運転する「職業ドライバー」はもちろん、一般のドライバーにも「ウーバーイーツ、危ねぇな!」と言う人は多いと思います。

 

特に自転車で配達している方の「交通マナーの悪さ」が目につきますね。

彼らの無謀な行為に思いもかけない場面でヒヤリとすることも多く、「自転車も免許制にしたほうがいいのでは?」と考えることさえあります。

 

 

コロナをきっかけに急増した「配達パートナー」

『ウーバーイーツ』が日本でサービスを開始したのは2016年。

当初は「それほど普及しないのではないか」と言われた『ウーバーイーツ』でしたが、昨年頃から配達員の姿を目にする機会が増えたように思います。

『Uber Eats』のロゴが入った四角いバッグ(「ウバック」と呼ぶらしい)は、今では「日常の風景」として東京の街にすっかり溶け込んでいますよね。

 

そんな『ウーバーイーツ』が注目されるようになったのは、やはり新型コロナによる「外出自粛」や「営業自粛」が行われるようになってからでしょうね。

僕が乗務員としてデビューした4月下旬には、すでに『ウーバーイーツ』の配達員が以前に比べてとても目立つ状況でした。

 

ネットでの検索数も、2020年の3月下旬に急増しています。

資料が見つからなかったので正確なデータはわかりませんが、ちょうどこの頃から『ウーバーイーツ』の注文件数、利用する店舗数、配達員数も急激に増えたのではないでしょうか。

 

 

 

ウーバーイーツの配達員はマナーが悪い?

緊急事態宣言が解除され「本業」が再開した人が増えたからでしょうか、最近では4月・5月に比べると『ウーバーイーツ』の配達員の姿も少なくなったように感じます。

(ただ単に見慣れただけかもしれませんが 笑)

 

それでも、都心を中心にまだまだ頻繁にその姿を見かける配達パートナーですが、ニュースなどを見ると別の点でも注目を浴びているようです。

何かというと、交通マナーの悪さ です。

僕も「我が物顔」で街を走る彼らに出くわすたびに、余計なお世話とわかっていながら「いつか事故るんじゃないかな」と心配することがあります。

実際、配達員が死亡する事故も起きているようですし、首都高を自転車で走る人までいたそうです(苦笑)

 

特に目に余るのが、自転車で配達している人のマナーの悪さ

言葉を選ばずに言えば、車道も歩道も走れるのをいいことに「やりたい放題」な印象を受けます。

 

街でよく目にする彼らの危険な行為は、

●信号無視
急な横断や飛び出し
●後方確認せずに車道へはみ出す
●猛スピードでの走行

といったところでしょうか。

急に飛び出してきた配達員に慌ててブレーキを踏むドライバーや、目の前を猛スピードで横切る配達員に驚く歩行者の姿もたびたび見かけます。

 

彼らがケガをするだけなら「勝手にやればいい」のかもしれませんが、他人の安全まで脅かしている わけですから、これは問題視されても仕方ないでしょうね。

 

 

自転車の配達員による「ひき逃げ」も発生したようで、都内の路上には写真のような看板が立てられていました。

「ウーバーの赤色自転車」と特定されてしまっては、看板を見た人の『ウーバーイーツ』に対する印象も悪くなってしまいそうですね。

 

これは僕の推測ですが、若い人が多い『ウーバーイーツ』の配達員には、自動車の運転免許を持っていない人が多いのではないでしょうか。

教習所などで「交通教育」を受けたことがないので、道路に潜む危険に対しての認識が薄く、クルマや人の特性についても知らない。

その中で「少しでも多く稼ぎたい」とスピードを上げて街を走り回っているので、「自分」だけではなく「他人」まで危険に晒している、そんなふうに見えます。

 

それに加えて、自転車はナンバープレートなどが無く運転者が特定されづらいので、そのことも彼らの「無謀運転」を助長する一因になっているかもしれませんね。

 

仕事の「発注者」と「受託者」をマッチングしているだけのウーバーが、配達員の行為に責任を持たないという構図も「どうなんだろう」と感じますが、最終的に事故の責任を負うのは配達員自身。

これは逃れようのない「世の中のルール」なので、配達員のみなさんには自分自身を守る意味でも、改めて交通マナーや交通ルールを守って仕事にあたってほしいと願います。

 

 

「少しでも多く稼ぎたい」と走り回っている点で言えば、我々タクシー運転手も同じ。

そして、『ウーバーイーツ』の配達員と同様にタクシー運転手も「運転マナーが悪い」と言われることが多いので、我々も気をつけなければいけませんね。

 

「人のふり見て我がふり直せ」

今日は「配達員のマナーが悪い」と意見するつもりが、ブログを書いているうちになんだかブーメランが返ってきたような気分です(笑)

 

 

 

【乗務19日目の結果】

2020年6月10日(水) 晴れ 31℃/22℃

  乗車地 降車地 乗車時間  降車時間  距離(km) 運賃(税込)
  【出庫】 9:09    
1 江東区清澄1 中央区明石町 9:18 9:29 3.7 ¥1,620
2 江東区木場3 港区北青山1 10:28 10:53 8.2 ¥3,460
3 渋谷区神宮前1 渋谷区渋谷3 12:02 12:09 1.5 ¥740
4 港区芝公園1 中央区新川2 13:39 13:53 3.9 ¥1,700
5 江東区豊洲2 中央区明石町 16:30 16:35 2.6 ¥1,060
6 中央区新富1 台東区柳橋2 16:43 16:54 3.6 ¥1,540
7 台東区浅草橋1 千代田区北の丸公園 16:59 17:09 3.6 ¥1,460
8 千代田区九段南2 港区新橋3 17:43 17:56 3.6 ¥1,620
9 港区新橋6 港区芝2 17:58 18:03 1.1 ¥580
10 港区芝2 港区芝3 18:03 18:06 0.7 ¥420
11 港区芝5 港区芝2 18:10 18:13 0.6 ¥420
12 港区浜松町2 目黒区目黒本町1 18:34 18:55 7.1 ¥2,980
13 品川区上大崎4 品川区小山台1 19:40 19:48 2.0 ¥900
14 品川区西五反田4 渋谷区宇田川町 19:54 20:08 5.2 ¥2,020
15 渋谷区神南1 渋谷区神宮前1 20:11 20:14 0.7 ¥420
16 渋谷区神宮前1
(原宿駅表参道口)
新宿区西新宿6 20:55 21:12 4.3 ¥2,020
17 新宿区新宿2 渋谷区本町6 21:29 21:39 3.4 ¥1,460
18 新宿区西新宿3 新宿区西新宿1 21:47 21:51 1.2 ¥580
19 新宿区新宿2 港区南青山4 21:58 22:12 4.1 ¥2,100
20 港区西麻布1 品川区南品川3 23:06 23:24 7.3 ¥3,540
21 江東区富岡1 府中市白糸台4
(調布市布田1経由)
2:30 3:14 33.5 ¥13,800
22 新宿区新宿5 新宿区住吉町 3:55 3:58 1.1 ¥580
  【帰庫】 4:41    

青字は青タン(深夜2割増) 太字は高速
  乗車地に括弧がある場合は付け待ち

営業回数 22回
営収
 税込 45,020円
 税抜 40,930円
走行距離 299km
実車率 34.86%
運転時間 10時間20分
チップ 80円

 

昨日は1時間以上の空車が3回もあり、本当に苦しい一日でした。

人はいるんですけど、なかなか手が挙がらないんですよね。

 

夕方以降に(単価は低いけど)回数を積み重ねられたことと深夜の万収ゲットもあって、最終的にはどうにか4万円に届きました。

(4万円では全然足りないんですが…)

 

けど、徐々にタクシーの供給台数が増えてきているので、今後も昨日みたいな日は出てくるかもしれませんね。

関東は今日梅雨入りしたようなので、傘代わりにタクシーに乗ってくれる人が増えるよう願っています!

 

 

 

 

タクオ 公式LINE

 

●ブログでは書けないタクシードライバーのリアルをお伝えします

●経営に失敗した社長が再び立ち上がるための情報も配信中

 

 

今日は何位?
タクオのランキングを確認する
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-日常の乗務
-, , , ,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記