給料

【タクシー運転手の給料】3ヵ月目は給与保証の範囲内に収まる

 

 

こんにちは、タクオです。

 

先月分の給与明細の公開をすっかり忘れていました(汗)

 

ウチの会社の給料は、19日スタート → 18日締めの当月27日払い。

ですので、4月20日にデビューした僕にとって、先日振り込まれた給料が「タクシー乗務員」として実質初めての給料だったんですね。

 

しかし、「歩合給」として給与保証分以上の金額をもらうには、まったく及びませんでした。

乗務回数が当初の予定より少なくなったので、「仕方ない」といえば仕方ないんですけどね。

 

 

乗務回数9回 営収30万円強

先日振り込まれた「タクシー乗務員」として初めての給料。

金額がいくらだったのか、やっぱり気になりますよね?

 

その前に、この1ヵ月間の営収を改めて見てみると、

① 4月20日(月)
 20,200円(18,360円)

② 4月22日(水)
 28,680円(26,070円)

③ 4月24日(金)
 
25,560円(23,240円)

④ 4月27日(月)
 47,820円(43,470円)

⑤ 5月8日(金)
 41,080円(37,350円)

⑥ 5月11日(月)
 46,270円(42,060円)

⑦ 5月13日(水)
 36,500円(33,180円)

⑧ 5月15日(金)
 55,860円(50,790円)

⑨ 5月18日(月)
 37,270円(33,880円)

------------------------------

合計 339,240円(308,400円)
※ ( )は税抜

 

こんな感じだったので、本来であれば 税抜営収30.8万円 × 歩合率60% ということで 総支給18.5万円 ほどしか貰えない計算になります(苦笑)

 

当初はGW中も乗務の予定だったところ、会社の方針で全休になったのですが、その間の休業・3日分を考慮しても、給与保証を上回る営収には届かなかったでしょう。

デビューしたばかりで、尚且つ「コロナ禍」の真っ只中にあったとはいえ、もっと稼ぎたかったですね。

 

 

 

給与明細の確認

総支給額 310,000円
--------------------
健康保険料 ▲15,840円
介護保険料 ▲2,768円
厚生年金保険料 ▲29,280円
雇用保険料 ▲878円
所得税 ▲6,840円
高速代 ▲3,540円
--------------------
差引支給額 250,854円

 

多くのタクシー会社が設けている「給与保証」という制度のおかげで、1ヵ月間の営収がたったの30万円だったにもかかわらず、“それらしい” 金額をもらうことができました。

 

僕がお世話になっているY社では、乗務開始から 6ヵ月間は月30万円の給与保証 があります。

今回の給料では十分な営収をあげられなかったので、保証が適用されたというわけですね。

 

給与保証の対象期間は、残り5ヵ月。

その間に最低でも月56万円以上の税込営収をあげられるようにならないと、給料が30万円を下回ってしまうことになります。

これはもう、自分自身の「経験」や「知恵」を積み上げていくとともに、コロナが収まるのを期待するしかないんでしょうね。

 

 

 

これからタクシー乗務員に転職する方へ

東京のタクシードライバーは 新人でも年収600万円を稼げる仕事 ですので、転職を考えている方も多いと思います。

「コロナショック」で失業者が増えるであろう状況を考えると、今後は「東京でタクシー運転手をやってみよう!」という人がさらに増える可能性もあるのではないでしょうか?

 

そんなタクシードライバーへの転職を考えている方に一つお伝えしたいのは、給与保証 があって、かつ 保証期間が長い会社 を選んだほうが良い ということ。

東京の街に人出が戻ってきたとはいえ、この先もしばらくは不透明な情勢が続くと思われます。

そのことを考えると、会社を選ぶ基準として最優先するべきなのは、給与保証の有無 だと言えるのではないでしょうか。

 

保証の内容についても、「金額」や「保証期間」など内容や条件をしっかり確認・比較して、安心して働ける会社を選ぶのが良いでしょうね。

保証額は ほとんどの会社が30万円前後 ですが、保証期間については 3ヵ月~1年 と会社によって大きく開きがあります。

 

僕が考える一つの基準としては、「30万円」「6ヵ月」を目安に探すと良いと思います。

この金額・期間を下回るようであれば、安心して乗務にあたることはむずかしくなるでしょうし、これ以上の保証内容であれば、地に足を着けて地理や営業方法の習得に集中できますからね。

 

コロナの影響が今ほど大きくない時期に転職できた僕ですが、コロナ禍の真っ只中で乗務員デビューした身として、給与保証のありがたさを痛感しています。

そんなわけで、今日の記事がタクシードライバーへの転職を考えている方にとって、少しでも役立っていたらうれしい限りです♪

 

 

 

タクオ 公式LINE

 

●ブログでは書けないタクシードライバーのリアルをお伝えします

●経営に失敗した社長が再び立ち上がるための情報も配信中

 

 

今日は何位?
タクオのランキングを確認する
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-給料
-, ,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記