日常の乗務

タクシーは「最後の仕上げ」が大事!【乗務17日目】

2020年6月6日

 

 

こんにちは、タクオです。

 

当然ですが、タクシーはお客さんごとに目的地が毎回違います。

僕はこれまでの乗務で400回以上の仕事をさせていただきましたが、「乗車地」が同じことはあっても、「降車地」が以前行ったことのある場所だったということは、まだ1回しかありません。

ですので、行ったことのない建物や施設のほうがまだまだ圧倒的に多いですね。

 

有名な建物・施設であれば所在地を知っているので「到達」することはできますが、「どこで降ろすか」もとても重要です。

そういう点では、タクシーの仕事は「あるスポーツ」にとても似ているかもしれません。

 

 

東京には14万棟以上のビルがある

日本で3番目に面積の小さい東京には、日本でいちばん建物が密集しています。

東京都のデータによると、23区内には4階建て以上の建物が14万棟以上あり、「超高層ビル」と定義される15階建て以上のビルだけでも 2,000棟以上 あるそうです。

霞が関ビル、サンシャイン60、六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなど、タクシードライバーをやっていない方でも名前や場所を知っている建物も多いですよね。

 

その他にも総合病院や官公庁など、東京には多くの人に知られている建物・施設が本当にたくさんあります。

 

お客さんの目的地として名前が挙がることの多い有名な建物・施設ですが、ほとんどのタクシー運転手が大まかな場所は知っているので「辿り着く」ことはできます。

 

しかし、どこに停めてお客さんを降ろしたらいいのか?

「車寄せ」や「エントランス」の場所まではわからないことがあるので、このことに戸惑うドライバーも多いのではないかと思います。

 

斯く言う僕もその一人(笑)

「●●タワーまで」とお客さんに言われて、建物の前まで到着することはできても、車寄せやエントランスの場所がわからずお客さんに教えてもらうことがよくあります(苦笑)

車寄せやエントランスの反対側に回ってしまうと、降車場所に行くまで1~2メーター分余計に走らなければいけないので、やはり気を使いますね。

 

特に気を使うのが、目的地が病院だったとき。

病院に行くお客さんは、身体に何かしらの不調をきたしている方が多く、短い距離でも移動することが大変です。

ですので、僕たちがヘンな場所で降ろしてしまうと、お客さんに余計な負担をかけてしまうことになるんですね。

 

 

 

運転は「ドライバー」、停車は「パター」

病院もそうですが、オフィスビルなども規模が大きくなければ入口が1ヵ所しかないところが多いので、さほど気を使うこともありません。

しかし、総合病院や大規模なビルが目的地の場合は、「どこで降りていただくか」ということまで気を使わなければいけないのが、タクシーの仕事です。

 

乗車地から目的地までムダなく到着し、適切な場所で降りていただく。

この「適切な場所」というのが、タクシーという仕事の「最後の仕上げ」というわけです。

 

これって、なんだかゴルフに似ていないですか?

グリーン(= 目的地)を目掛けてドライバーやアイアンで力いっぱい飛ばすのは簡単でも、カップ(= 車寄せ)に入れるパッティングには細やかさが必要になる。

僕はゴルフをやったことがありませんが、「タクシーの仕事ってゴルフに似てるよなぁ」と思うこの頃です。

 

ゴルフのようなタクシーの仕事ですが、実は昨日パッティングに失敗しましています(苦笑)

六本木に泉ガーデンというオフィスビルがあるのですが、半地下のようになっている車寄せがわからず、エントランスの上階にあたる路上でお客様を降ろしてしまったんです。

その後で車寄せの入口を見つけたのですが、時既に遅し。

サイドミラーに映るエントランスを探しているお客様を確認しながら、「うわぁぁ… ごめんなさい!」と心の中で謝ることしかできませんでした(苦笑)

 

ナビを使えば最短・最速で目的地に着くことはできますが、車寄せやエントランスといった「適切な降車場所」まで覚えておかなければならない。

「タクシードライバーという仕事は、意外と頭を使うものだ」と、改めて思いますね。

 

 

 

【乗務17日目の結果】

2020年6月5日(水) 晴/曇 30℃/20℃

  乗車地 降車地 乗車時間  降車時間  距離(km) 運賃(税込)
  【出庫】 9:13    
1 江東区木場3 港区虎ノ門2 9:50 10:09 6.4 ¥2,580
2 港区虎ノ門3 港区六本木1 10:25 10:30 1.0 ¥500
3 千代田区永田町2
(赤坂見附駅ビックカメラ前)
港区南青山5 11:44 11:56 3.2 ¥1,460
4 港区南青山6 渋谷区富ヶ谷1 12:01 12:11 2.6 ¥1,220
5 渋谷区神南1 目黒区中目黒3 12:35 12:45 2.1 ¥1,060
6 目黒区上目黒2 渋谷区道玄坂1 13:17 13:28 2.0 ¥1,060
7 渋谷区神宮前1 港区北青山3 14:01 14:11 1.9 ¥980
8 渋谷区神宮前1
(原宿駅表参道口)
目黒区自由が丘2 14:46 15:17 8.9 ¥3,860
9 目黒区自由が丘2 世田谷区尾山台2 15:19 15:28 2.1 ¥980
10 世田谷区奥沢6 目黒区自由が丘1
(目黒区八雲経由)
15:44 15:58 2.2 ¥1,220
11 目黒区自由が丘1 世田谷区中町2 16:20 16:30 2.7 ¥1,140
12 目黒区中町1 目黒区中目黒5 16:46 16:50 0.7 ¥420
13 港区新橋6 中央区銀座7 17:18 17:26 1.6 ¥820
14 江東区門前仲町2 中央区勝どき6 18:59 19:08 2.8 ¥1,220
15 中央区勝どき5 中央区新富2 19:11 19:19 2.7 ¥1,220
16 中央区築地2 千代田区丸の内1 19:27 19:34 2.1 ¥980
17 千代田区大手町1 港区虎ノ門1 19:41 19:49 2.8 ¥1,300
18 港区虎ノ門1 港区芝大門1 19:50 19:56 1.9 ¥820
19 中央区銀座8 千葉県松戸市西馬橋蔵元町 20:53 21:43 23.5 ¥9,050
20 墨田区押上1 墨田区京島1 22:43 22:46 0.9 ¥500
21 墨田区江東橋2 江東区北砂6 23:23 23:34 3.1 ¥1,540
22 江東区亀戸7 江東区亀戸2 23:38 23:42 1.0 ¥580
23 墨田区押上1
(押上駅B3出口前)
墨田区太平4 0:28 0:35 1.5 ¥900
24 墨田区押上1
(押上駅B3出口前)
千葉県流山市流山9 0:41 1:20 23.4 ¥9,990
25 江東区東陽3 江東区辰巳1
(江東区枝川3経由)
2:46 2:52 2.5 ¥1,220
26 江東区富岡1 中央区新富2
(中央区佃1経由)
3:11 3:20 3.3 ¥1,540
27 中央区銀座6 港区新橋5 3:51 3:57 1.3 ¥740
28 中央区月島3 中央区日本橋蛎殻町1 4:15 4:22 2.9 ¥1,460
  【帰庫】 4:50    

青字は青タン(深夜2割増) 太字は高速
  乗車地に括弧がある場合は付け待ち

営業回数 28回
営収
 税込 50,360円
 税抜 45,780円
走行距離 295km
実車率 38.68%
運転時間 10時間50分
チップ 180円

 

6月に入ってから何度か書いているように、街には人が戻ってきています。

ですので、税込営収5万円では「平凡すぎる」数字なんです。

(昨日は金曜だったので、「平凡すぎる」どころか「平凡以下」の数字かも…)

 

僕の好きな「終電待ち」ですが、最近は押上駅が良い感じです。

近距離のお客様を降ろした後で再び戻ると、僕の後ろで待機していた7~8台がすべて出払い、乗り場では2、3人のお客さんが待っていました。

その間わずか13分。

ですので、1台あたりの待機時間は2分弱ということになります。

 

他の駅のことは詳しくわかりませんが、1台あたり2分はとても回転が良いほうではないでしょうか?

今後もいろんな駅に出向いてみて、駅ごとにデータを取ってみるのもおもしろそうですね♪

 

 

 

【今日のひとこと】

車寄せやエントランスの場所も覚えねば!

 

ピンポイントで車寄せやエントランスにつける「最後の仕上げ」は、さながらゴルフのパッティングです。

特に大きな建物・施設になればなるほどお客さんを降ろす場所も重要になってくるので、まだまだ覚えなければいけないことが多いですね。

 

目的地までの適切な経路を考える「ドライバー」や「アイアン」もそうですが、適切な場所にクルマを停める「パッティング」も練習していこうと思います。

 

とは言っても、経験を積まなければ覚えられないことでもあるんですけどね(苦笑)

 

 

 

 

タクオ 公式LINE

 

●ブログでは書けないタクシードライバーのリアルをお伝えします

●経営に失敗した社長が再び立ち上がるための情報も配信中

 

 

今日は何位? タクオのランキングを確認する

↓ ↓ ↓

-日常の乗務
-, ,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記