日常の乗務

新年のご挨拶と2020年の簡単な振り返り

 

 

あけましておめでとうございます、タクオです。

1月もすでに下旬に差し掛かっているので、「新年のご挨拶」にしては遅すぎますね(笑)

 

更新頻度は落としましたが、今年もできる限りブログを書いていこうと考えていますので、みなさま本年もよろしくお願いいたします。

 

新型コロナウィルスに振り回された2020年も終わり、新しい年が始まりましたね。

僕個人としては、昨年はタクシードライバーとしてデビューし、生活がガラッと変わった1年でした。

 

去年の今頃は自分の会社存続のために、「最後の足掻き」で試行錯誤をしていたような記憶があります。

その間も「そろそろ会社に見切りをつけようかな」と考えながら、次にやることを探していましたね。

当時はタクシー運転手は候補の一つとして挙げていた程度でしたので、去年の僕が今の僕を見ると多少の驚きがあるのかもしれません。

 

今日はそんな「僕のタクシー1年目」を振り返ってみます。

 

 

数字で振り返る2020年

僕がいまお世話になっているY社へ入社したのが、2020年の3月1日。

それから約1ヵ月半の研修を経て、乗務員として独り立ちしたのが4月20日。

気づけば、デビューしてからおよそ9ヵ月が経っていました。

 

この9ヵ月のうち、去年の12月までにこなした8ヵ月分・98回の乗務を数字で振り返ってみましょう。

 

 


●乗務回数 : 98回 
※すべて隔勤

●営業回数 : 3129回
(31.9回)

●輸送人員 : 4302人
(43.9人)

●走行距離 : 28,128km
(287.0km)

●営業走行距離 : 11,529km
(117.6km)

●実車率 : 40.98%

●運転時間 : 1034時間6分
(10時間33分)

●営業収入 :
  税込 5,214,760円
(53,211.8円)
     税抜 4,740,470円
(48,372.1円)

●チップ : 36,570円

●事故 : 0件

●交通違反 : 1件

●苦情 : 0件

※ 括弧は1乗務あたりの平均

 

改めて見てみると、「可もなく不可もなし」といった印象を受けますね(笑)

4月から5月いっぱいまでは緊急事態宣言が発令されていて、その間はまさにド新人だったことを考えても「もう少しいけたんじゃない?」というのが率直な感想です。

実際にTwitterを見ていると、コロナ禍の中にあっても毎月コンスタントに100万円以上を売り上げている猛者ドライバーもいます。

それに、僕と同時期にデビューした新人ドライバーの中にも、毎回税抜7~8万円を稼いでいる人たちもたくさんいますからね。

他人と比べても仕方ないのかもしれませんが、やっぱり物足りなさを感じてしまう数字だったと思います。

 

交通違反で1回捕まりましたが、事故・苦情ともにゼロだったのは良かったですね。

今年は違反もゼロにして「無事是名馬」と行きたいところです。

 

違反で捕まったときの記事は、こちらでご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

素人のようなミスにより交通違反で捕まる【乗務43日目】

 

 

その他の数字もまとめてみました

自分自身の営業スタイルを分析する目的で、エリア別や時間帯別のデータもまとめてみました。

こちらは昨年1年間の運行記録をすべて拾い上げて様々な要素を分析したものなので、結構な文字数になりそうです。

ですので、別の記事で改めて公開しようと考えています。

今しばらくお待ちください。

 

ひとまずは新年のご挨拶ということで、久々に記事を更新しました。

本年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

タクオ 公式LINE

 

●ブログでは書けないタクシードライバーのリアルをお伝えします

●経営に失敗した社長が再び立ち上がるための情報も配信中

 

 

今日は何位?
タクオのランキングを確認する
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

-日常の乗務
-, ,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記