給料

【タクシー運転手の給料 8ヵ月目】初めて総支給額40万円を超える

2020年11月1日

 

こんにちは、タクオです。

 

乗務ごとのブログ更新を止めて約2ヵ月。

ブログの読者さんからも「ブログの更新がありませんが、どうしましたか?」というご心配の声をいただいたりしていますが、ご安心ください。

以前と変わらずタクシー稼業に勤しんでいます!

 

肝心の営収はというと、調子の良い日・良くない日はあるものの、平均すると「やや上昇」といったところでしょうか。

おかげで先月度は自己記録を更新できましたが、給料のほうはどうだったのか?

先月度の給与明細の公開です。

 

 

2020年10月度の給与明細

 

総支給額 410,806円
--------------------
健康保険料 ▲18,753円
介護保険料 ▲3,400円
厚生年金保険料 ▲34,770円
雇用保険料 ▲1,231円
所得税 ▲13,170円
高速代 ▲8,790円

--------------------
差引支給額 330,692円

 

先月度は12出番のうち6出番が日曜・祝日という、「稼ぎやすい」とは言えない条件だったのですが、どうにか自己記録を更新できました。

おかげで総支給額も初めて40万円を超えることができ、一つのカベを超えられたような感じです。

 

とは言っても、営収に対する歩合給は39.6万円だったので(645,130円 × 61.42%)、ドライバーとしての「純粋な」給料は40万円を超えていないんですよね(苦笑)

先月もナゾだった「他手当4」の14,520円があったので40万円を超えられた、というわけです。

 

先月度の給与明細は、こちらでご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

【タクシー運転手の給料 7ヵ月目】

 

ちなみにこの「他手当4」について上司に尋ねたところ、入社祝い金を分割で支給している とのこと。

Y社では新人乗務員に対して25万円の祝い金が支給されるのですが、既に支給された15万円を除く残り10万円を7回に分けて支給することにしたそうです。

なぜ分割で支給することにしたのかの真意までは聞きませんでしたが、コロナの影響もあるのかもしれませんね。

10万円を一括でドーンと貰ったほうが嬉しさは大きいですが(笑)、入社時の約束通りの金額を貰えることに変わりはないので、貰い方についてまで贅沢を言っちゃいけませんね♪

 

次のページへ >

-給料
-,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記