給料

【タクシー運転手の給料】2ヵ月目までは研修分のみ

2020年4月27日

 

 

こんにちは、タクオです。

 

毎月27日は給料日。

僕がお世話になっているY社では、19日から翌18日を締日として給料を計算し、27日に支給する形を取っています。

 

僕が乗務員デビューしたのが20日だったので、今回もらう分までが研修期間の給料ということになります。

今月はいくら振り込まれたのでしょうか?

 

 

 

今月の出勤日数は17日

外部での研修は4月7日に(途中で)終わりましたが、その後も社内での研修があったので、今回の給料は一日1万円×研修日数で計算されます。

 

 

緊急事態宣言発令で急遽半日で終了した無線グループ本部の研修は、こちらの記事でご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

【入社24日目】緊急事態宣言で無線グループ本部の研修は半日で終了

 

 

半日だけの日も数日ありましたが、出勤日数は17日。

ですので、総支給額は17万円です。

ここから健康保険、厚生年金、雇用保険、介護保険の各保険料が引かれた金額が口座に振り込まれることになります。

 

先月は各保険料の控除が少なかったのですが、今月からフルで引かれるとのこと。

「差引支給」の欄が気になるところですが、果たしていくらだったのでしょうか?

 

 

 

給与明細の確認

健康保険料 15,840円
介護保険料 2,768円
厚生年金保険料 29,280円
雇用保険料 510円

社会保険の控除で 50,728円 引かれていました。

控除額が思ったより多かったですね(苦笑)

 

特に厚生年金の保険料が約3万円と、思っていた以上に高額でした。

年金の保険料は事業主も半分負担しているので、Y社も同じ金額を支払ってくれているということになりますね。

そのことを考えるとありがたい限りですが、もう少し低額でも良いのでは(笑)

まぁ国が定めたルールなので、従うより仕方がないですよね。

 

そうじゃなくても、こないだまで自分で会社を経営していた僕とすれば、保険料を半分負担してもらえるというだけでありがたいことですし、年をとってから実際に貰える金額も国民年金だけよりは多く支給されるので、得といえば得と言えるんでしょうか。

(現行の年金制度にはまったく期待していませんが。)

 

ということで、今月の差引支給額は 119,272円 でした。

んーん、なかなか厳しいな(苦笑)

 

 

 

『タクQ』からの入社祝い金がある!

今月の手取りは約12万円ですが、僕は求人サイトを通してY社へ応募したので、サイト運営会社からの入社祝い金 がもらえます。

僕が使った求人サイトは、『タクQ』

 

メールで応募した5分後に担当者から電話があり、しかもとても親切なご対応をいただきました。

 

 

『タクQ』のイザワさんの親切さは、こちらの記事でご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

【転職活動7日目】『タクQ』の対応が素晴らしすぎた!

 

対応が良い上に入社祝い金までいただけるのですから、これからタクシー運転手への転職を考えている方にもおすすめできるサイトです。

 

『タクQ』からもらえる入社祝い金は、入社する会社ごとに違いがありますが、僕が入ったY社は10万円。

入社が決定したら会社から『タクQ』へ連絡が行き、その後で祝い金申請用の書類が郵送で届きます。

書類に記入して返送したら、その月のうちに5万円振り込まれ(タイミングによっては翌月になることもあります)、残りの5万円は乗務開始3ヵ月後に振り込まれることになっています。

 

ですので、僕の場合は『タクQ』から先月末に5万円が振り込まれました。

 

『タクQ』の実際のサイト

『タクQ』は、担当者の丁寧な対応だけでなく、入社祝い金のわかりやすさもおすすめできるポイントです。

上の画像のように、タクシー会社からの祝い金の金額だけでなく、『タクQ』からの祝い金も金額が明示されているんですね。

サイトの作り方にも親切さが表れていて、好感が持てる会社でした。

 

業界で最大級の入社祝い金付き 優良タクシー求人の【タクQ】

 

 

 

『タクQ』以外で祝い金がもらえる求人サイト

『タクQ』以外の求人サイトでは、『転職道.COM』でも運営会社から祝い金がもらえます。

『転職道.COM』は求人件数が多いので、転職活動の際に僕もいちばんよく見ていましたね。

市町村名や鉄道の路線を指定して検索できるのも『転職道.COM』だけでした。

 

『転職道』の見やすいタグ表示

画像のように、会社の特徴がタグでわかりやすく表示されているのも『転職道』のポイントです。

 

『転職道.COM』を使ってタクシー会社を探していた僕ですが、『タクQ』を通して応募したのは、入社祝い金の金額が明示されていたから。

『転職道.COM』を通して応募しても祝い金はもらえるのですが、具体的な金額がはっきり書かれていなかったので『タクQ』にお願いしたんです。

それ以外にも、応募したときの「成り行き」もあったんですけどね(笑)

 

どのような経緯で『タクQ』を使ったのかは、こちらの記事でご覧いただけます。

↓ ↓ ↓

【転職活動7日目】『タクQ』の対応が素晴らしすぎた!

 

 

入社祝い金の金額が書かれていたら、そのまま『転職道』を通して応募していたと思います。

いずれにしても、タクシー会社からの祝い金に加えて、求人サイトからも祝い金をもらえるのですから、これらのサイトを使わない手はないのではないでしょうか?

 

 

 

来月分から「乗務員」としての給料になるけど…

1万円×研修日数だった今月分でしたが、来月からはいよいよ乗務した分の給料がもらえます。

 

とは言っても、この3日間乗ってみた感じでは、6ヵ月30万円の給与保障分 = 1ヵ月で50万円以上の売上をあげることはむずかしそうです(苦笑)

入社前は、1ヵ月目から60万円以上の営収を叩き出して30万円以上の給料をもらう目論見だったんですが、状況が状況なだけに今は「我慢」のときかもしれませんね。

ひとまずは『タクQ』からの入社祝い金に助けられた、そんな感じです。

 

今後もしばらく厳しい状況が続きそうですが、都内の地理や接客をしっかり覚えて、「コロナ後の世界」でしっかり稼げるように仕事を覚えていきます!

 

 

 

 

タクオ 公式LINE

 

●ブログでは書けないタクシードライバーのリアルをお伝えします

●経営に失敗した社長が再び立ち上がるための情報も配信中

 

 

 

-給料
-, , ,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記