日常の乗務

「流し」と「付け待ち」 稼ぎやすいのはやっぱりこっち!【乗務32日目】

2020年7月16日

 

 

こんにちは、タクオです。

 

月曜・火曜と無線グループの研修があったため、昨日の水曜が今週の初乗務。

研修自体は目新しいことを学べたわけでもなく、長時間机に向かっているのがただただ苦痛なだけでした(笑)

けど、久しぶりに規則正しく睡眠をとれたので、昨日は身も心もスッキリとした朝を迎えることができました。

 

「今日は仕事に集中できそう」

そんなコンディションばっちりの一日でしたが、一つの判断が結果を分けることとなりました。

 

 

「大物」を狙って付け待ちしてみた!

先週の金曜以来の乗務となった昨日。

たった5日しか空いていないのに、ゆっくり眠れたおかげか、なんだか新鮮な気分で仕事を始められました。

 

前回が金曜なのにイマイチだったこともあり、昨日も「今日はどうなんだろう?」と少しの不安とともに出庫しましたが、空車が長く続くことも少なく、まずまずの一日だったと思います。

一つの判断ミスを除いては。

 

天気が良くなかったこともあってか、うまく繋がった夕方以降のこと。

五反田駅前で手を挙げていたご婦人を月島まで送り届けた後で時計を見ると、まだ20時前。

青タンまで2時間もある上に、この時点で営収が税込3万円を超えていたので、「青タン前に4万円に乗せよう」と色気が当然出ますよね?

そこで、月島から5分ほどの距離にある無線グループの専用乗り場を覗いてみることにしました。

 

一部上場企業のビルに設置されたこの専用乗り場は、深夜はもちろん、日中から夜にかけても中・長距離のお客さんが出やすいことで社内でも有名。

ですので、ロングが出れば一気に4万円に乗せられる可能性があるし、何よりお客様に乗り場の近くまで連れてきてもらえたのは「神の思し召し」としか思えないじゃないですか(笑)

 

ビルの前に着き乗り場を見てみると、僕の他には3台しかおらず、しかも目の前で先頭の1台が発車したばかり。

退社するサラリーマンが途切れていないこともあって、「遅くとも30分以内には乗せられそう」と読んだ僕は、

 

「これはもう付けるしかないでしょ!」

 

ということで、“大物” を狙って専用乗り場に乗り入れることにしました。

 

 

 

結果は惨敗… 流せばよかった……

乗り場の待機場所に入構した時点で、僕の順番は3台目。

どれくらいで乗せられるかは「運」の要素も強いけど、たぶん1時間もかからないはず。

1時間くらいであれば休憩時間の消化にもちょうど良いので、これは自分でも「良い選択」だと思いました。

 

10分くらい経った頃でしょうか、1台目のタクシーが50代くらいのサラリーマンを乗せて出発しました。

仕事ができそうな雰囲気の方だったので、給料もたくさん貰ってそうw

ということは、もしかしたらロングかも!?

 

それから15分が経過し、2台目のタクシーも乗客は40代くらいのサラリーマン。

この人もロングかもな!

電車がまだまだ十分に走っている時間にタクシーを使って退社する人は、気のせいか、みなさん地位が高くて所得も高い人に見えます(笑)

 

ここまでの待機時間は30分弱。

1台の待ち時間が約10~15分なので、このままのペースでいけば、3台目で待っていた僕が発車できるのは同じく15分以内。

入構から1時間も経たずにお客さんを乗せられることになるので、「長くても1時間以内」という読みは当たったかのように思えました。

 

しかし…

ここからが長かった(笑)

 

エントランスからはコンスタントにサラリーマンやOLが現れるものの、みんな乗り場を素通りして、地下鉄の駅がある方向へと歩を進めます。

電車が走っている時間なので、当然といえば当然なんですが、さっきまでと流れが違いすぎる!

 

入構からすでに1時間以上が経過し、「こんなに待つんだったら流しておけば良かった」と後悔すれど、今さら乗り場から離れるわけにもいきません。

焦っても仕方がないですし、ここは気長に待つことにしました。

 

やっとお客さんが現れたのは、青タンが迫ってきた22時前。

2人組のサラリーマンだったのでちょっとイヤな予感がしたのですが、行き先を聞くと予感は的中。

 

2人組のサラリーマン
近くてすみません、
門前仲町の交差点まで

 

門前仲町は、専用乗り場と川を隔てた隣町…

2km前後の距離なので、運賃は1,000円超えるかどうかといったところ。

いやぁ、1時間半も待った甲斐がありましたよ(涙)

 

 

 

付け待ちはギャンブルに近い

目的地には10分もかからずに到着したので、運賃は予想通り 980円

休憩の消化を兼ねていたとは言え、1時間半も待って980円では割に合わなすぎますよね(苦笑)

付け待ちにはこのような「リスク」があるので、稼ぐためには流したほうが確実性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

僕が付け待ちを積極的に取り入れてない理由が、この ギャンブル要素の高さですね。

実際にロングを引いたこともありますが、昨日のように3桁で終わることも多い。

特にお客さんが十分見つかる時間帯に、こちらがコントロールできない距離・営収に「期待」して長い時間待つことは、効率が良いとは言えません。

(深夜帯は逆に効率が良いかもしれません。)

 

流して乗せたお客さんだって、もちろん近距離で終わることは多いです。

けど、その後で挽回するチャンスを自分で作ることができるので、「1時間あたり数百円」といった大ハズレは十分避けられます。

 

確率の低いロングよりも、確実性のある超ショート

単価がいつも低めな僕ですが(笑)、専用乗り場での「賭け」に敗れたことで、「やっぱり『流し』のほうが確実に稼げるんだろうな」と実感した昨日でした。

 

 

 

【乗務32日目の結果】

2020年7月15日(水) 雨/曇 22℃/20℃

  乗車地 降車地 乗車時間  降車時間  距離(km) 運賃(税込)
  【出庫】
9:20
   
1 江東区富岡1 中央区明石町 9:36 9:43 2.5 ¥1,060
2 中央区築地4 中央区銀座1 9:49 9:55 1.5 ¥740
3 千代田区内神田3 中央区日本橋小伝馬町 10:14 10:18 0.9 ¥500
4 千代田区内神田1 千代田区麹町1 10:41 10:52 2.9 ¥1,300
5 新宿区四谷2 千代田区丸の内1 10:58 11:12 5.4 ¥2,180
6 中央区日本橋浜町2 中央区入船1 11:56 12:01 2.0 ¥900
7 中央区八丁堀4 中央区日本橋室町2 12:17 12:25 1.9 ¥820
8 中央区日本橋本町4 港区六本木6 12:29 12:50 5.8 ¥2,580
9 港区白金5 港区白金1 13:17 13:22 0.8 ¥500
10 渋谷区広尾5 渋谷区恵比寿4 13:29 13:34 1.2 ¥580
11 渋谷区東3 渋谷区千駄ヶ谷4 13:48 14:06 4.3 ¥1,940
12 渋谷区神宮前1 渋谷区神宮前5 14:14 14:20 1.1 ¥580
13 港区北青山3 港区白金台5 14:25 14:38 3.7 ¥1,620
14 品川区上大崎2 渋谷区恵比寿南1 15:03 15:10 1.6 ¥740
15 渋谷区恵比寿南1 目黒区中目黒3 15:10 15:15 1.1 ¥580
16 目黒区中目黒2 渋谷区恵比寿4 15:24 15:27 1.1 ¥420
17 渋谷区恵比寿4 目黒区下目黒1 15:45 15:51 1.6 ¥740
18 目黒区下目黒3 品川区上大崎2 15:57 16:02 1.0 ¥500
19 渋谷区神宮前1
(原宿駅 表参道口)
渋谷区猿楽町 17:20 17:40 3.3 ¥1,860
20 渋谷区猿楽町 渋谷区道玄坂1 17:53 18:01 2.0 ¥900
21 渋谷区道玄坂2 新宿区市谷仲之町 18:07 18:25 6.2 ¥2,580
22 新宿区四谷2 品川区東五反田4 18:51 19:11 7.4 ¥3,060
23 品川区東五反田5 中央区月島2 19:22 19:48 8.8 ¥3,620
24 江東区豊洲3
(無線グループ専用乗り場)
江東区門前仲町1 21:42 21:51 2.1 ¥980
25 江東区富岡1 江東区豊洲2 21:56 22:01 1.8 ¥820
26 中央区月島3 港区浜松町1 22:11 22:22 3.6 ¥1,780
27 港区芝大門2 港区東麻布1 22:35 22:39 1.1 ¥580
28 港区麻布十番2 世田谷区下馬1 22:45 23:02 6.8 ¥3,220
29 目黒区祐天寺2 目黒区中目黒5 23:09 23:14 0.7 ¥420
30 目黒区青葉台2 渋谷区幡ヶ谷1 23:24 23:34 4.3 ¥2,020
31 新宿区新宿2 港区赤坂4 0:12 0:23 4.4 ¥2,100
32 港区赤坂5 大田区西馬込2 0:36 0:55 12.3 ¥5,380
33 品川区大崎1 品川区八潮5 1:08 1:16 4.1 ¥1,860
34 港区芝公園2 江東区辰巳1 1:40 1:58 7.5 ¥3,540
35 江東区富岡1 墨田区石原2 2:17 2:27 3.8 ¥1,860
36 千代田区鍛冶町1 中央区銀座7 3:53 4:03 3.1 ¥1,620
  【帰庫】 4:33    

青字は青タン(深夜2割増) 太字は高速
  乗車地に括弧がある場合は付け待ち

営業回数 36回
営収
 税込 56,480

 税抜 51,350円
走行距離 258km
実車率 48.23%
運転時間 9時間53分
チップ 80円

 

とりあえずの目標である「税込6万円」まで、あと3,500円ほど足りませんでした。

専用乗り場で付け待ちしていた時間を「流し」に充てていたら、もしかしたら「6万円のカベ」を超えられたかもしれませんね。

「大物狙い」の色気を出さずコツコツ走っていればよかったと、ちょっとだけ後悔しています(涙)

 

 

 

 

タクオ 公式LINE

 

●ブログでは書けないタクシードライバーのリアルをお伝えします

●経営に失敗した社長が再び立ち上がるための情報も配信中

 

 

今日は何位?
タクオのランキングを確認する
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

-日常の乗務
-, ,

© 2021 現役ドライバー・タクオの東京タクシー日記